プログラミングできる人材が求められる

プログラミングができる人材が求められるようになってきました。

これまで企業のIT化というと、

パソコンを使える、既存のアプリケーションソフトを使えるといった程度でした。

転職や求職の条件も、使えることが前提。

でもこれからは「使えるだけ」ではダメで、

「作れる」人材が求められます。

使えるだけの人と、作れる人には、

天と地ほどの実力差があります。

その事に企業の経営者や人事担当者がやっと気付いたのです。

専門のプログラマーのように、ばりばりコーディングできなくても、

一度は何らかのアプリケーションソフトを開発した経験があれば、

日常の業務をプログラマーの視点で改善することができます。

また、新たな事業を提案する場合も、

プログラマーの視点からのアイデアが重宝されるのです。

経営者や管理職がプログラミングを学び始めているのも、

そのようながある理由からでしょう。