中高年ほどプログラミングで差別化できる

中高年ほどプログラミングで差別化することができます。

一般的には若者ほど、プログラミング学習への適応力が高く、

IT業界へ就職・転職できるチャンスが多いのは事実です。

でも若いプログラマーはたくさんいます。

市場はプログラマーの人手不足ではありますが、

若くてプログラミングが出来る人というのは、

差別化と言う意味では、特徴を出しにくいのです。

若者が「プログラミングができる」と言っても、

生まれてきたときから身近にパソコンがある世代ですから、

それほど珍しくないので、インパクトはありません。

それに対して中高年はプログラミングで簡単に差別化できます。

理由は簡単で、中高年でプログラミングが出来る人が、

ほとんどいないからです。

しかも年齢が高くなるほど、プログラミングが出来る人が減ります。

というか、その前にパソコンを操作できる人が減るんですけどね。

特に同世代の高齢者には、尊敬のまなざしで見てもらえるかもw

中高年がプログラミングを習得しても、

必ずしも就職や転職につながるわけではありません。

しかし中高年でプログラマーの視点で考えられる人は、

貴重な人材ですので、社内で重宝されるはずだし、

新たなビジネスを立ち上げるという起業の道もあります。

ちなみに私の知り合いで、70代からプログラミングを学びはじめた人がいますよ。