プログラミング教育で経営者が育つ

プログラミング教育の必須化が注目されていますが、

どんなメリットがあるのか?

一番のメリットは、プログラミング教育で、

将来の起業家や経営者が育つことです。

NHKの番組でも紹介されていました。

「プログラミング教育で何が変わるのか?」

プログラミング教育というと、すぐに思い付くのは、

論理的思考が身に付く、問題解決能力、情報活用などのメリットです。

でも一番のメリットは、将来の日本の雇用を支える大企業の誕生、

その経営者が育つかもしれない可能性なんです。

米国でIT業界のBIG4と言われている

Microsoft社のビル・ゲイツ、グーグルのラリー・ペイジ、

facebookのマーク・ザッカーバーグ、Amazonのジェフ・ベゾスらは、

プログラマー出身なんですね。

自身がプログラミングができるのですから、

これからITで何ができるのか?はもちろんイメージできるわけです。

加えて論理的思考や、情報活用にも長けていますから、

企業活動の効率化も出来るわけです。

今はまだ誕生していない、将来のIT企業が、

プログラミング教育を受けた子供たちの世代から生まれるかも知れません。

だからプログラミング教育が、これから重要になるわけです。