ITとシニアの組み合わせ

これからはITとシニア世代を組み合わせたビジネスが飛躍しそうです。

「IT×シニア」がキーワードです。

これから先のシニア世代(中高年)は、

パソコンやスマートフォンをバリバリ使いこなす人がどんどん増えてきます。

中高年と言うと、パソコンが苦手というイメージがありましたが、

数年先には状況がすっかり変わるでしょう。

2016年現在、45歳以下の人たちは、学生時代にはパソコンを使ったことのある世代です。

この世代以下は、パソコンやスマホにはほとんどの人が抵抗がありません。

彼らが50代になるころには、ITを使いこなすシニア世代がどんどん増えます。

現在でも使いこなせるシニアはいますが、まだ少ないですよね。

これが5年、10年くらい先になると、ITを使いこなせるシニアが普通になるはずです。

するとシニアを対象としたITビジネスが、ますます発展するでしょう。

「がっちりマンデー」というテレビ番組でも紹介されていましたが、

既にシニア世代を対象としたITビジネスで上場する会社も出てきています。

例えば一人ゴルフの予約サイトや、葬式、お墓などの検索サイトなどです。

このようにITを使い、シニア世代をターゲットにしたビジネスは、

これからどんどん増えるはずです。

もちろんそのビジネスの裏には、プログラミングが欠かせない技術です。

ps:
ちなみに私の父はもうすぐ80代ですが、
文章の作成などくらいならパソコンが使えますよ。